ストーリーファームの思い

こころを動かすストーリーの読み方

ストーリーを読むことは
何か新しいことを発見すること

人は発見したことや
感じたことを伝えることで
会話をしています

一般的に英語学習は
英語で読んで理解できたかどうかを確認する
段階で終わってしまう

もったいない…

 

同じ「読む」行為でも

どう読むかで全くワクワク感が違う

イメージを膨らませながら演じるように読むか

字面をただ音声化して読むか

つまり

心が動いているか
いないか

ストーリーを読むとき大切なのは

まず一番に

ストーリーを読む目的を
英語の学習にしないこと

もちろん結果的には学習になるけど

英語を使って
新しいことを知ることは
それ自体が目的になっています

今日は教材からどんな新しいことが知れるのか
宝探しみたいな気持ちで読み進むワクワク感

それを持つことが

コミュニケーション能力の土台になります

教室で読むとき気をつけているのは
講師がもちろん事前に読んでいる題材でも
あたかも初めて読んだみたいに
最初の感動、心の動きをちゃんと表現すること

それが初めて読む生徒の理解の大きな助けになります

そしてそれを
新鮮な感情で
一緒に発見したパートナーとして
共に分かち合うこと

新しいことを知る、学ぶ喜びを伝えたい

じっくり意味をイメージした上で
自分の感じたことや意見を伝えるための読み方が
英語学習には重要です

自分の心で
新しい何かとの出会いを
することから
言葉は育ち始めます

ストーリーファームでは
ストーリーをイメージ化して読んだ後
人に想いや発見を伝えることにこそ
大切な学びがあると考え
レッスンをプログラムしています

また
習った英語を
心が通うやりとり=コミュニケーション
に変換します

ひとりひとりの
個性に触れるとき
言葉に意味が生まれ
本当の学習の楽しみ
学ぶ意味に繋がります

意味のある学習にこそ
学ぶ意欲を高める
秘訣があります

心動かす笑顔が溢れる教室を目指します